2008年03月19日

アシタバ

科 名:セリ科
学 名:Angelica keiskai
和 名:ハチジョウソウ、アシタグサ
主 産 地:日本
使用部位:葉
主 成 分:カルコン、クマリン、ビタミン、タンパク質
主な適応:便秘、食欲不振、高血圧、血行不良


体液の代謝を促し

むくみなどを解消してくれるうれしいハーブ!


アシタバ(明日葉)の名は

茎葉を摘んでも

翌日の朝になれば新芽が出てくるほど成長が早いことに由来します。

(茎が太く、葉は厚くとにかく生命力が旺盛です)


アシタバには多くの栄養素が豊富に含まれているが

なかでもカルコンという

アシタバ特有の物質に注目が集まっているようです


近年の研究によると

カルコンには血行促進

抗ガン

抗アレルギー

整腸などの作用があり

セルライト解消にも有効であるといいます


それ以来

ダイエットにも効果的な健康野菜として人気を集めています
【関連する記事】
posted by herbs at 16:50 | TrackBack(0) | ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90136558

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。