2008年03月20日

ブラックホリーホック

科名:アオイ科
学名:Althaea rosea
和名:タチアオイ、ハナアオイ、ツユアオイ
主産地:中国、シリア
使用部位:全草
主成分:粘液質、ショ糖、脂肪、フラボノイド
主適応:むくみ、火傷、創傷、下痢、腹痛、陽炎


華やかな華姿を誇る有用ハーブ

若い葉はサラダに

根は健康甘味食品

花は染料にと

全草使えます!


むくみや下痢

やけど等の症状緩和にも使われるハーブの優等生!


草丈が1.5〜2mまで真っ直ぐに伸びる!

(花壇のスターです)


日本には平安時代に中国から渡来したと言われるこのハーブは

現在でも「タチアオイ」の名前で親しまれており

観賞用や薬用に広く栽培されているようです。

(原産地の中国から世界中に広がったようです)


12世紀頃

十字軍がシリアからヨーロッパに持ち帰ったことから

「Holly land (ホリーランド=聖地)」と

呼ばれていたのが変化して

現在の呼名に


ブラックホリーホックは

薬効が高い事で知られるマーシュマロウより

薬用価値の高いハーブと言われております。
posted by herbs at 16:38 | TrackBack(1) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

フェンネル

科 名:セリ科
学 名:Foeniculum vulgare
和 名:ウイキョウ
主 産 地:地中海沿岸
使用部位:全草
主 成 分:アネトール、フェンコン
主な適応:抗痙攣、利尿、健胃、月経調整、発汗作用


野菜として

また薬草としても大活躍をし

アロマテラピーにおいても利用できるありがたいハーブ!


甘くて

ちょっぴりスパイシーな香りのするフェンネルですが

ニンジンのイトコなんです。


他のセリ科植物と同様に

フェンネルには

腸内のガスを排出する作用や健胃作用があり

膨腹感

消化不良

吐気などの胃腸の不快症状を調えるのに適しています。


古くから

尿の排出を促して泌尿器系のトラブルの改善に役立てたり

体液の循環を促進する事で

ムクミを軽減するなど認められているようです。


フェンネルの種子から採れるエッセンシャルオイルには

人の女性ホルモンによく似た植物ホルモンが含まれており

アロマテラピーでは

しばしば

無月経

月経不調

更年期障害などのケアに使用しています。


ダイエットに最適!?

フェンネルの種子をかむと

満腹感が得られる事は古くから知られています。


古代ローマ時代においてすでに

兵士が行軍の際

フェンネルの種子を常に携帯し

食事ができない時はフェンネルの種子をかんで

空腹をしのいだと言われています。


↓こちらからからお求めになれます↓
- 美ライフスタイルSHOP -
posted by herbs at 18:10 | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘンルーダ

科 名:ミカン科
学 名:Ruta graverolens
和 名:ウンコウソウ
主 産 地:地中海沿岸・ヨーロッパ南部
使用部位:葉
主 成 分:メチルノニルケトン・アルカロイド・ルチン
主な適応:通経・眼精疲労・頭痛・湿疹・捻挫・腰痛


ヨーロッパでは

かつて魔除や興奮剤に利用されていた様です!


強い香りは虫除けに

葉は目の洗浄液に

根は染色に

乾燥葉は消毒剤や殺虫剤にと利用価値の高いハーブ!


属名のRutaはギリシャ語のreuroに由来し

「自由にする、くつろがせる」という意味があります。

(多くの病気や苦痛を和らげる作用がある事から名付けられた様です)

ミケランジェロやレオナルド・ダ・ヴィンチも

利用して眼精疲労からくる頭痛を和らげ

創作活動に打ち込んでいたらしいです。


しかし

現在では毒性を示す事が明らかとなり

内服される事は少なくなったみたいです。
posted by herbs at 17:15 | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

ヒソップ

科名:シソ科
学名:Hyssopus officinalis
和名:ヤナギハッカ
主産地:ヨーロッパ南部〜アジア西部
使用部位:全
主成分:ポルネオール、リナノール、カンファー
主な適応:気管支炎、咳、痰、外傷、リウマチ、打ち身


見た目が美しいヒソップは薬効も豊富です。


お茶にすると喉の炎症

消化気管の不調をやわらげます。


また

リウマチや神経痛の症状に効く湿布剤としても利用できる様です。


ヒソップの種名のofficinalisは

「薬効がある」事を意味します。


古代ローマの医師ディオスコリデスは

喘息とカタルの治療に用いる事を進めました。


ユダヤ教では聖なるハーブとして

古くから清めの儀式に利用されてきたそうです。


濃緑の細長い葉は

ミントに似た爽やかな香りと苦味が特徴です。


「香りの良さは天下一品」


日本には明治中期に渡来し

葉がヤナギに似ている事からヤナギハッカと名付けらた様です。


さわやかな香りが人気の聖なるハーブ


↓こちらからからお求めになれます↓
- 美ライフスタイルSHOP -
posted by herbs at 11:51 | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

バジル

属性:一年草
科名:シソ科


種子に水をかけると

まわりに膜がはり

デザートのアクセント等に使用される事があります。


葉を数枚

ワインに数時間浸けたものは

強壮剤としての役割を果たしてくれるようです。


他に

☆レモンの香りがする「レモンバジル」

☆赤紫色の「ダークオパールバジル」

など

あまり知られていない

バジルもあるようです!

↓こちらからからお求めになれます↓
- 美ライフスタイルSHOP -

posted by herbs at 20:13 | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。